ローズクォーツ

DSC00463.jpg DSC00462.jpg DSC00464.jpg

DSC00467.jpg DSC00465.jpg DSC00466.jpg

DSC00468.jpg DSC00470.jpg DSC00469.jpg

DSC00480.jpg DSC00473.jpg DSC00474.jpg

DSC00475.jpg DSC00476.jpg DSC00477.jpg

DSC00479.jpg DSC00478.jpg DSC00472.jpg

DSC00471.jpg DSC00489.jpg DSC00487.jpg

DSC00485.jpg DSC00486.jpg DSC00488.jpg

DSC00481.jpg DSC00482.jpg DSC00490.jpg DSC00484.jpg

DSC00483.jpg DSC00492.jpg DSC00493.jpg

DSC00499.jpg DSC00497.jpg DSC00494.jpg

DSC00498.jpg DSC00496.jpg DSC00491.jpg

DSC00500.jpg DSC00495.jpg DSC00513.jpg

DSC00512.jpg DSC00511.jpg DSC00518.jpg

DSC00524.jpg DSC00519.jpg DSC00520.jpg 

DSC00523.jpg DSC00521.jpg DSC00522.jpg

DSC00512.jpg DSC00513.jpg DSC00511.jpg

DSC00518.jpg DSC00520.jpg DSC00519.jpg

DSC00523.jpg DSC00524.jpg DSC00521.jpg

DSC00522.jpg DSC00534.jpg DSC00532.jpg

DSC00533.jpg DSC00530.jpg DSC00531.jpg

DSC00529.jpg DSC00528.jpg DSC00526.jpg

DSC00527.jpg DSC00525.jpg DSC00538.jpg

DSC00536.jpg DSC00537.jpg DSC00535.jpg

DSC00539.jpg DSC00540.jpg

ロードクロサイト

DSC00424.jpg DSC00430.jpg DSC00429.jpg

DSC00428.jpg DSC00427.jpg DSC00425.jpg

DSC00426.jpg DSC00440.jpg DSC00431.jpg

DSC00432.jpg DSC00439.jpg DSC00438.jpg

DSC00437.jpg DSC00433.jpg DSC00435.jpg

DSC00434.jpg DSC00436.jpg DSC00441.jpg

DSC00443.jpg DSC00442.jpg DSC00444.jpg

DSC00445.jpg DSC00447.jpg DSC00446.jpg

DSC00450.jpg DSC00449.jpg DSC00448.jpg

DSC00457.jpg DSC00451.jpg DSC00452.jpg

DSC00453.jpg DSC00456.jpg DSC00454.jpg

DSC00455.jpg DSC00461.jpg DSC00458.jpg

DSC00459.jpg DSC00460.jpg

コスモスペースで取り扱う鉱物の全て「ロック・クリスタル」

クォーツ「石英」の無色透明なものを言います。
各種鉱脈の脈石として第一にあげられ、また、珪岩、ペグマタイト中に含まれたり、地表に最も広く分布したりしている鉱物。
水晶の主成分は珪酸(Sio2)で、結晶は六方晶系に属して多くは六方柱と錘面との集形をなし、柱面には横の条線があります。
また、これらが同集晶や双晶となったものもよく発見されます。
劈開は不完全で、断口は貝殻状を呈し、ガラス光沢を放ちます。
 石英中でも、透明で最も純白な水晶は、古くは氷の化石化したものと信じられ、また、清流の源で結晶原石がよく発見されたことから「水精」とよばれ、それが語源だとされています。

プリニウスの「博物誌」をはじめ、古くからの文献には、クリュスタロスと記述され、「非常に冷たく凍った水の性質をもつもの」と著されていました。一方、ディコリデスは「太陽の光を集めて暑い炎をもつもの」とし、先のプリニウスも「水晶球を使って太陽の光を集めて焼灼する治療法が一番有効」と述べています。

古くから様々な地域の人々の間で、浄霊や祈祷、宗教的な儀式などの際に用いられた鉱物ですが、上でも記したように特に球に磨いたものは、洋の東西を問わず、護符やご神体、占いの道具として珍重されたと言われています。

潜在的能力を引き出してやる気や決断緑を高め、創造力や洞察力、霊的能力、超能力などをパワーアップする働きがあるとされています。

細胞の再生を促して新陳代謝を活発にする力があるとされる他に、殺菌及び解毒作用が強く、あらゆる病気の回復を助ける働きがあると言われています。

crystal.jpg

コスモスペースで取り扱う鉱物の全て「ロードナイト」

珪酸マンガン鉱物で、以前はパイロクシーン「輝石」グループに属するとされていたために、日本名をバラ輝石と言いました。その後違うと判明しましたが、今でもバラ輝石の名で普及しています。
マンガンに富む変成岩や交代変成作用を受けた堆積岩であるスカルンや大理石、特に不純物を含む石灰岩中などに生成します。
三斜晶系に属する丸みを帯びて稜のある大きな結晶体で発見されることもあり、また、緻密な塊状や粒状のものなどでも見ることができます。
 色は、普通淡紅色か新紅色ですが、帯褐赤色のものもあり、また、マンガンの多いものには黒い葉脈があります。条痕は白色です。
 不透明ないし半透明または透明で、結晶面はガラス光沢、劈開面は真珠光沢をもっています。
二方向に完全な劈開があり、断口は貝殻状をから不平坦状を示します。

名称は、この鉱物の示す色から、ギリシャ語でバラの意味のrhodonに由来します。

愛情あふれるよき人間関係を築きたい時に用いると効果的にとされる鉱物。
宇宙の永遠性と普遍性に気付き、生まれ持った霊性をより高めて自己の意識と提携させ、より高いものへと導く力があると言われています。
心身のバランスを保って不安や恐怖から心を開放し、潜在する能力を引き出す力があるとそうです。

細胞の再生を促す働きがあり、関節及びそれに伴う筋肉などの不調を改善する力があると言われています。

rhodonite.jpg

スリーピングビューティーターコイズ

ペンダント、イヤリング、ピアス、リング

通常価格10,000~15,000円の品を一律一個3,300円(税込)で販売します。

通販も可能です。お支払いは代引きのみです。

送料は、本州は1,100円、九州、北海法は1,650円、沖縄は2,200円かかります。(代引き手数料と消費税を含みます)
お電話、メールなどで希望の商品をお知らせください。
数に限りがありますのでお早めにお問い合わせください。

DSC00412.jpg DSC00413.jpg DSC00418.jpg

DSC00414.jpg DSC00419.jpg DSC00420.jpg

DSC00417.jpg DSC00415.jpg DSC00416.jpg

コスモスペースで取り扱う鉱物の全て「ロードクロサイト」

重要な炭酸鉱物の一つで、カルサイト「方解石」とは類質同像です。
近郊鉱脈の脈石をなしたり、局部的に農集して炭酸マンガン鉱として利用されます。
六方晶系の菱面体に結晶するものが典型的ですが、六角の錘状などにもなり、また、層状や塊状でも見られます。
色は美しいピンク色やローズ色、紅赤色などで、中南米、特にアルゼンチンが主産地のために、別名インカ・ローズとも呼ばれています。条痕は白色。
透明ないし不透明で、ガラス光沢か真珠光沢をもち、劈開は菱面体(三方向)に完全で、断口は不平坦状を示します。
名称はギリシャ語でバラの意味のrhodonと色の意味のchromに由来します。

アルゼンチンの遠い僻地に産出するこの功績は、古くからインカ人によって「ピンク色の薔薇模様を呈した真珠」として大切にされてきたと伝えられています。
愛、夢、清浄を説く鉱物とされ、持つ人を豊かな愛情で包んで心に受けた傷を癒す働きがあると言われています。

バランスの調整にも最適な石で、自己の意識と宇宙、大地の力を提携させ、それらを浄化してより硬度なものへと導く力があると言われています。

内分泌腺の働きを助けてホルモンのバランスを整え、また、うつ病の症状を改善する力もあると言われています。

rhodochrosite.jpg