コスモスペースで取り扱う鉱物のすべて<アマゾナイト>

マイクロクリン(Microcline)「微斜長石」の一種で、火成岩、特に花崗岩やペグマタイト、閃長岩中に生成します。三斜晶系に属した四角柱状の結晶体、特にカルルスバット式双晶をなるものが多く見うけられます。 色は、含有した微量の鉛の作用で、緑色や空青色、青緑色のものがあり、これを熱すると白色になります。時として巨大なものも産出しますが、一様に緑色のものは少なく、だいたいは白色の部分が混じっています。また、緑色のものは翡翠によく似た石として、アマゾン・ジェードの名で呼ばれることもあります。条痕は白色。 透明から半透明でガラス光沢ないし真珠光沢をもち劈開は二方向に完全で、断口は不平坦状を示します。名称の由来はアマゾン川からですが、実際にはその流域(ブラジルは除く)からは産出しません。 古くは「希望の石」として珍重された鉱物だと言われています。ストレスを解消して精神と肉体の強化を図り、思考力、創造力などを増強する働きがあるとされています。 天と地、肉体と精神など、両局面をもつものに対して、各々の良い面を伸ばしながら両者を統合し、良いエネルギーで満たす力があると伝えられています。 カリウム不足によって引き起こされる様々な不調を改善し、筋肉を強化するときに用いると効果的とされています。

続きを読む