コスモスペースで取り扱う鉱物のすべて<ショール>

11種類あるトルマリン「電気石」グループの中の一種で、鉄分を多く含有しているものを言い、グループの中では一番産出が多い鉱物です。ペグマタイト中や気成鉱床中に他のトルマリン類などと共産します。六方晶系の菱面体半面晶族に属し、多くは柱状の結晶体で発見され、その結晶面に伸びる方向に平行な条線があります。また、針状結晶の集合したものでも見られることがあります。色は、含有された鉄分の作用で黒色となり、従って、ブラック・トルマリンはほとんどこの種類に属しています。条痕は無色。 透明から不透明でガラス光沢をもち、劈開はなく、断口は不平坦状から貝殻状を示します。 名称は、ドイツの古い鉱山用語で、鉱山に付着した不要の鉱物という意味の用語から出たとされています。 昔のアメリカ先住民は、この鉱物の帯電および電気の発散を大地のエネルギーのおお告げだとし、「ひらめきを与える石」として儀式に用い、また、ヨーロッパのビクトリア朝には喪服用の宝石として広く使用されたと伝えられています。肉体と精神、感情のバランスを整えてこれらを提携、浄化して、あらゆるものを活性化する力があるとされています。内分泌系のバランスを整えて細胞の再生を促し、体全体を活性化する働きがあると言われています。

続きを読む