コスモスペースで取り扱う鉱物のすべて<スファレライト>

最も重要な亜鉛鉱物とされ、熱水鉱脈にガレーナ「方鉛鉱」やドロマナイト「苦灰石」などとよく共産します。
等軸晶系四面体半面像晶族に属し、斜方十二面体やその他の結晶体で発見されることが多く、他には塊状や粒状、ぶどう状、緻密などの晶癖のものなどで見られます。

色は、無色や白色のものもありますが、含有される鉄分が多くなるに従って、黄色、オレンジ色、褐色、黒色などの色になります。条痕は、淡い褐色か白色となります。
透明から半透明で、樹脂光沢ないし金剛光沢をもち、劈開は斜方十二面体に完全で、断口は貝殻状を示します。
ジンクブレンドまたはブレンドの通称があります。Zincはあ亜鉛、Blendは欺くの意味ですが、これは共産するガレーナと形や色などが似ていて、分析の際に惑わされたところから付いたものです。
名称も、ギリシャ語で裏切りの意味のsphaletosに由来します。

古くから「霊力を高める石」として崇拝され、古代のアフリカやオーストラリア民族、アメリカ先住民の間では、儀式の際には必ず使用したとされる鉱物。
直感力、洞察力を高めて、外部から送られてい来る情報をキャッチする力を強め、また、頭脳を明晰にする働きもあると言われています。
偏った思考や行動を防ぐ力がありm何事においても調和と中庸の精神で対処できるよう導く力があるとされています。

古くは眼病の治療に用いられたとされ、他には擦り傷や、切り傷の手当てにも使用されたと言われています。

sphalerite.jpg