コスモスペースで取り扱う鉱物の全て「ロック・クリスタル」

クォーツ「石英」の無色透明なものを言います。
各種鉱脈の脈石として第一にあげられ、また、珪岩、ペグマタイト中に含まれたり、地表に最も広く分布したりしている鉱物。
水晶の主成分は珪酸(Sio2)で、結晶は六方晶系に属して多くは六方柱と錘面との集形をなし、柱面には横の条線があります。
また、これらが同集晶や双晶となったものもよく発見されます。
劈開は不完全で、断口は貝殻状を呈し、ガラス光沢を放ちます。
 石英中でも、透明で最も純白な水晶は、古くは氷の化石化したものと信じられ、また、清流の源で結晶原石がよく発見されたことから「水精」とよばれ、それが語源だとされています。

プリニウスの「博物誌」をはじめ、古くからの文献には、クリュスタロスと記述され、「非常に冷たく凍った水の性質をもつもの」と著されていました。一方、ディコリデスは「太陽の光を集めて暑い炎をもつもの」とし、先のプリニウスも「水晶球を使って太陽の光を集めて焼灼する治療法が一番有効」と述べています。

古くから様々な地域の人々の間で、浄霊や祈祷、宗教的な儀式などの際に用いられた鉱物ですが、上でも記したように特に球に磨いたものは、洋の東西を問わず、護符やご神体、占いの道具として珍重されたと言われています。

潜在的能力を引き出してやる気や決断緑を高め、創造力や洞察力、霊的能力、超能力などをパワーアップする働きがあるとされています。

細胞の再生を促して新陳代謝を活発にする力があるとされる他に、殺菌及び解毒作用が強く、あらゆる病気の回復を助ける働きがあると言われています。

crystal.jpg