コスモスペースで取り扱う鉱物の全て「ロック・クリスタル」

クォーツ「石英」の無色透明なものを言います。各種鉱脈の脈石として第一にあげられ、また、珪岩、ペグマタイト中に含まれたり、地表に最も広く分布したりしている鉱物。水晶の主成分は珪酸(Sio2)で、結晶は六方晶系に属して多くは六方柱と錘面との集形をなし、柱面には横の条線があります。また、これらが同集晶や双晶となったものもよく発見されます。劈開は不完全で、断口は貝殻状を呈し、ガラス光沢を放ちます。 石英中でも、透明で最も純白な水晶は、古くは氷の化石化したものと信じられ、また、清流の源で結晶原石がよく発見されたことから「水精」とよばれ、それが語源だとされています。 プリニウスの「博物誌」をはじめ、古くからの文献には、クリュスタロスと記述され、「非常に冷たく凍った水の性質をもつもの」と著されていました。一方、ディコリデスは「太陽の光を集めて暑い炎をもつもの」とし、先のプリニウスも「水晶球を使って太陽の光を集めて焼灼する治療法が一番有効」と述べています。 古くから様々な地域の人々の間で、浄霊や祈祷、宗教的な儀式などの際に用いられた鉱物ですが、上でも記したように特に球に磨いたものは、洋の東西を問わず、護符やご神体、占いの道具として珍重されたと言われています。 潜在的能力を引き出してやる気や決断緑を高め、創造力や洞察力、霊的能力、超能力などをパワーアップする働きがあるとされています。 細胞の再生を促して新陳代謝を活発にする力があるとされる他に、殺菌及び解毒作用が強く、あらゆる病気の回復を助ける働きがあると言…

続きを読む

コスモスペースで取り扱う鉱物の全て「ロードナイト」

珪酸マンガン鉱物で、以前はパイロクシーン「輝石」グループに属するとされていたために、日本名をバラ輝石と言いました。その後違うと判明しましたが、今でもバラ輝石の名で普及しています。マンガンに富む変成岩や交代変成作用を受けた堆積岩であるスカルンや大理石、特に不純物を含む石灰岩中などに生成します。三斜晶系に属する丸みを帯びて稜のある大きな結晶体で発見されることもあり、また、緻密な塊状や粒状のものなどでも見ることができます。 色は、普通淡紅色か新紅色ですが、帯褐赤色のものもあり、また、マンガンの多いものには黒い葉脈があります。条痕は白色です。 不透明ないし半透明または透明で、結晶面はガラス光沢、劈開面は真珠光沢をもっています。二方向に完全な劈開があり、断口は貝殻状をから不平坦状を示します。 名称は、この鉱物の示す色から、ギリシャ語でバラの意味のrhodonに由来します。 愛情あふれるよき人間関係を築きたい時に用いると効果的にとされる鉱物。宇宙の永遠性と普遍性に気付き、生まれ持った霊性をより高めて自己の意識と提携させ、より高いものへと導く力があると言われています。心身のバランスを保って不安や恐怖から心を開放し、潜在する能力を引き出す力があるとそうです。 細胞の再生を促す働きがあり、関節及びそれに伴う筋肉などの不調を改善する力があると言われています。

続きを読む

コスモスペースで取り扱う鉱物の全て「ローズクォーツ」

元来のローズクォーツとは、ピンク色またはローズ色のクォーツ「石英」のことです。塊状のものは各地のペグマタイト中から産出されますが、半透明ないし透明の六方晶系に属する結晶が六角柱状になった良質ものものの産出地区は、ごく限られています。ローズ色の原因はまだ特定されていませんが、内部に微小なルチル「金紅石」が含まれている場合が多く、また、それの針状組織の発達した原石をカボション・カットした時にはスターが見えて、いわゆるスター・ローズ・クォーツとなります。しかし、カット石としてよりもむしろ、置物などの彫刻用としての需要が多い石です。 透明な石半透明でガラス光沢をもち、劈開はなく、断口は貝殻状から不平坦状を示します。 古くから彫刻材料として用いられ、古代ローマではカメオやインタリオの細工を施した印章に加工されたものや装飾品など、広い範囲の使用が認められています。 慈愛、優しさ、和やかさを象徴する鉱物とされています。持つ人を柔らかな波動で包み、感情面での安定を促して、みずみずしい若さと健康を保つ力があると言われています。美意識に作用する働きもあるそうです。 内分泌の働きを良くして肌のはりをもたせ、しわを減らし、また咳を抑える力もあると言われています。

続きを読む